チバベジとは

2019年9月の台風で被災した農家さんの支援をきっかけにスタートしています。

  1. 農作物を廃棄せずに流通させることでフードロスをなくすこと
  2. 多種多様な農作物に新しい価値を生み出し、生産者と消費者を繋げること
  3. 持続的な農業の仕組みづくりを通じて持続可能な社会をつくること

被災・非常時に焦点をあて常時上記を目的として活動しています◎

〜台風や何らかの災害や非常時、販売したくても流通できずに捨てられてしまう大量の野菜が生まれます〜

こうした野菜を「もったいない」と思い、農家の希望する価格で野菜を買い取り、被災・非常時にこそ農家を応援できるオン・オフラインからなる人の繋がり創りを常時育んでいます。

2019年に大きな被害を受けた農業を産業の基盤とする千葉県が起点となり、農家を地域で支える仕組みをつくり、その先に全国で同じような取り組みが広がるように願い活動しています。

チバベジと多様な活動を皆さんとお創りできますと幸いです◎

会社概要

社名一般社団法人 野菜がつくる未来のカタチ
設立2019年10月9日
所在地〒285-0023 千葉県佐倉市新町168
役員代表理事 鳥海孝範
代表理事 髙梨美佳

理事 野田武志(企画戦略担当)
理事 長南由香利
取引銀行京葉銀行 佐倉支店
メールアドレス info@chibavege.or.jp 
創業者鳥海孝範
安藤共人

沿革

2019年9月台風15号被災農家の規格外野菜を被災農家の希望価格にて買取開始
被災農家を応援するためのクラウドファンディングを立ち上げる
ゲストハウスのガレージでを利用した八百屋やSNS上での呼びかけ、マルシェ出店を通じて規格外野菜の販売を開始

詳細:朝日新聞DIGITAL(外部リンク)
2019年10月一般社団法人 野菜がつくる未来のカタチ法人化
規格外野菜の加工品企画、製造、販売の仕組みづくりを開始
県外の八百屋や飲食店への販売網が広がる

詳細:マイナビ農業(外部リンク)
2019年11月ローマ教皇訪日の際に「日本の食の魅力と千葉を元気に」をテーマに昼食会の料理をプロデュース・提供した株式会社パシフィックプロジェクトに協力し、食材を提供

詳細:PRTIMES(外部リンク)
2020年1月JR千葉駅の駅ビル運営会社からの働きかけを受け、千葉ペリエ内の商業施設「チバコトラボ」の一角に野菜や被災野菜を使用したピクルスやコンフィチュールなどを販売するポップアップストアをオープン

詳細:朝日新聞DIGITAL(外部リンク)
2020年4月台風からの復興応援にあわせてコロナウィルスや気候変動の影響で市場に卸すことのできない野菜を自社サイトで販売開始
株式会社良品計画のECサイト「諸国良品」にてオンライン販売を開始

詳細:日本経済新聞(外部リンク)
2020年7〜9月無印良品主催で開催された有明ガーデン「つながる市」に出店

詳細:無印良品HP(外部リンク)
2020年10月〜2021年1月ベジタリアン・ヘルシー志向の消費者向けに、県物等を使用した「ちばのおいしい食」を広めるVEG-ICON PROJECT CHIBA(株式会社みんなのごはん)の働きかけを受け、そごう千葉店地下1階食品売場にVEG-ICON PROJECT CHIBA×チバベジのコラボレーションによるポップアップストアをオープン

詳細:時事ドットコムニュース(外部リンク)