なぜ【埼玉立てこもり】動機は?犯人特定⁈顔画像・事件まとめ

エンタメ
この記事は約5分で読めます。

こんにちはyukkoです。

埼玉県蕨市の郵便局で銃のようなものを持った男性が20代の女性局員を人質にとり立てこもっています。

現在わかっている情報をまとめます。

【目次】

  • 事件概要
  • 犯人特定
  • SNS反応
22時30分現在:犯人確保

事件概要

【事件概要】

  • 事件発生時刻:2023年10月31日午後1時過ぎ
  • 発生場所:埼玉県戸田市「戸田中央総合病院」、蕨郵便局

【事件時系列】

  • 31日午後1時ごろ:病院での発砲前に自宅アパートに放火をしていた疑いあり
  • 午後1時頃:「大きな爆発音みたいな音がした」と110番通報。
  • 犯人は”病院前の道路”から拳銃のようなもので発砲し、窓ガラスが割れて2人ケガをした。
  • 戸田中央総合病院では1回診察室に向けて発砲し、40代男性医師と60代男性患者がケガした様子。
  • 犯人はバイクに乗って逃走
  • 午後2時頃:蕨郵便局に立てこもり(20代と30代の女性局員2人を人質)
  • 午後7時15分過ぎ:20代女性保護(ケガはない様子)⇒郵便局から離れる時に何かを持っているのは自身の荷物か?
  • 現場には30代の女性局員が取り残されている
  • 午後10時20分:捜査員が突入し犯人確保。

犯人特定

【犯人】

  • 名前:鈴木常雄
  • 年齢:86歳
  • 在住:埼玉県戸田市
  • 職業:不詳
  • 身長:160㎝位
  • 服装:黒のキャップ、白タンクトップ、黒のジャージ上下
  • 拳銃を緑の紐のようなもので首から下げている
  • 体の特徴:中肉中背、左の親指が短いのは”詰めた”?
  • 拳銃の出どころ:不明
2023年10月31日22時頃に逮捕されました

逮捕後にわかってきた情報をまとめます。

【逮捕後の情報】

  • 逮捕容疑:人質強要処罰法違反の疑い
  • 供述:「郵便局の人と話がしたかった」「交通事故をめぐるトラブルで恨みがあった」「自宅に放火した」「診察に不満があった」
  • 所持品:包丁のような刃物2本、液体が入った18リットルの容器ペットボトル2本、複数の銃弾

所持品を見ると、拳銃の他に銃弾・刃物・液体を持っており、相当な恨みがあったことがうかがえますね。

 

なんとも恐ろしい事件です。

拳銃はどこから持ってきたのでしょうか?

報道されている画像を見ると、左手の親指が短く見えませんか?

もしかすると、反社会勢力との関りがある男なのかもしれません。

そう考えると、銃を手にしていることも納得かもしれません。

動機は?

「診察に不満があった」
「郵便局の人と話がしたかった」
「交通事故をめぐるトラブルで恨みがあった」
「自宅に放火した」

病院への不満や恨み、郵便局への不満の具体的な内容はまだ報道されていませんが、ここまでの事件にするほどの強い怒りや恨みがあったのでしょうね。

どんな恨みだったのか気になります。

情報がわかり次第、更新します。

 

犯人の男はなぜこのようなことをしたのでしょうか?

なぜ蕨郵便局なのでしょうか?

一部では「パチンコに負けてやけを起こした」という情報もありますが、真相はどうなのでしょうか?

ここからは考察です。

  1. 病院で男性医師と患者に向けて発砲していることを考えると、怨恨の可能性
  2. 住居への放火や立てこもりに関しては、何かしらやけを起こして誰かを巻き添えにして自●を考えている可能性
  3. 郵便局に立てこもったことを考えるとお金に困っての犯行の可能性

どのような理由があっての犯行かわかりませんが、他人に迷惑をかけないでほしい。

もう一人の女性局員が無事に保護されますように。

どんな罪になる?

今回の立てこもり事件の犯人はどんな罪になるのでしょうか?

  • 人質強要罪

人質を取って第三者へ何らかの要求をする行為は、人質強要罪にあたります。人質強要罪の刑罰は、6月以上10年以下の懲役です。

  • 建造物侵入罪

立てこもりの際に建物内に不法侵入している場合は、建造物侵入罪にも問われる可能性があります。建造物侵入罪の刑罰は、3年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

  • 銃刀法違反

立てこもりの際に凶器を使用している場合は、銃刀法違反にも問われる可能性があります。銃刀法違反の刑罰は、1年以下の懲役または10万円以下の罰金です。

  • 暴行罪や傷害罪

立てこもりの際に人を傷つけた場合は、暴行罪や傷害罪に問われる可能性があります。暴行罪の刑罰は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。傷害罪の刑罰は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

  • 殺人罪や殺人未遂罪

立てこもりの際に人を殺害した場合は、殺人罪や殺人未遂罪に問われる可能性があります。殺人罪の刑罰は、死刑または無期懲役です。殺人未遂罪の刑罰は、死刑または無期懲役または5年以上の懲役です。

立てこもり事件の刑罰は、犯行の態様や被害の程度などによって、裁判所が個別に判断して決定します。そのため、必ずしも上記の刑罰が科されるわけではありません。

現在も立てこもりを続けている犯人は、

  • 銃の所持・発砲
  • 放火の疑い
  • 人質強要
  • 建造物侵入

現在までにこのような罪を犯していることになります。

また人質の女性局員に対しての暴行なども加わるとさらに罪は重くなる可能性があります。

SNS反応

https://twitter.com/ggksggksggks/status/1719346657530454204

特殊部隊が突入して犯人を確保したようです。

中に取り残されていた30代女性局員も無事だったようです。

以上、埼玉県蕨郵便局の立てこもり事件のまとめでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. ムソムソ より:

    なにか怨恨があったのかもしれませんが、周りを危険に晒すのはどうかと思いますね。80年の人生で何も学ばなかったようです。

  2. 灰色の犀 より:

    ヤクザと言う事もあるが、怖いのは銃自体より、銃規制された国での銃犯罪だと思う。
    銃社会ならある程度、警戒はできるが禁止されてる以上、油断してしまう所がある。
    日本の警察も、それ故に弱いと秋山さんが、悲しんでた。

タイトルとURLをコピーしました